身長が伸びないのは筋肉が関係している?

筋肉をつけすぎると身長は伸びない?

1dc7a9a5c015781130b61d19506c3784_s

 

筋肉と身長は関係性がある?

よく成長期に筋トレをすると行うと身長が伸びないと耳にします。

ですが、筋肉がついてるから身長が伸びないのは特に関係はありません。

 

ただ、激しい運動をして食欲がなくなったり、睡眠を取らなかったり、疲れがたまってしまい支障が出てしまう場合は身長を伸ばす妨げになるので注意が必要です。

 

無理な運動により疲労からの回復にエネルギーを使われてしまい、体の成長に使われているエネルギーが不足するので、成長期の子供の成長には悪影響になる可能性があります。

 

腰やひざに負担をかけてしまう筋トレも身長を伸ばす妨げになるので注意しましょう。

 

 

成長期と筋肉

成長期の小学生、中学生の時に筋トレを集中的に行うと骨や骨格に負担がかかります。

あまり筋トレをしすぎてしまうと悪影響が出てしまう恐れがあります。

 

成長期には急激に身長が伸びたりする時に成長痛が現れるかと思います。

それは身体の組織が発達することによって骨や関節が痛むからです。

 

この時、無理にトレーニングなどをしていると骨や関節を痛めてしまうことがあります。

 

異常を感じてしまったら、休養を取ったり、決して無理をせず医師の診断を受けるなどをしましょう。

成長期でも正しい方法で筋トレを行うと、身長を伸ばすことができると言われています。

 

筋トレを行うことで成長ホルモンの分泌が盛んになります。

筋トレを行うと体を大きくたくましくしてくれたり、筋肉を大きくしてくれる効果を持っています。

 

小学生・中学生が正しい筋トレ法を行うと成長ホルモンの働きを活性化させ、成長を助ける働きがあるのです。

 

注意したいのは、無理な負荷をかける筋トレではなく瞬発力・体を引き締めることを目的としたトレーニングを大中小の三段階の中小程度の負荷の力でトレーニングをすることをオススメします。

 

 

身長が伸びない原因は?

b404b1bc1c4b7218b03fffcbe46a66bd_s

 

栄養不足のせい?

産まれる前の赤ちゃんは母親の胎内にいる時から、基本的な構造が出来上がる大事な時期です。

 

この時、脳への栄養が不足すると一生に関わることになるので母体からの十分な栄養が摂取できるように心がけましょう。

 

成長期によくありがちなのは朝食を抜いたり、お菓子など間食をしたり、過度なダイエットをしたりなど身長を伸ばすことを妨害してしまうことを無意識にしてしまう子供が多いかと思います。

 

そうしてしまうといくら身長を高くしたくても自らきっかけを作ってしまいがちです。

そうならないために身長を伸ばすにはバランスのとれた栄養を摂ることが必要です。

 

よく身長を伸ばすにはカルシウムが必要とよく耳にしますが、カルシウム以外にもタンパク質も必要になってきます。

 

タンパク質は骨や筋肉を作る以外にも成長の分泌を促します。

小さい頃によく「牛乳を飲みなさい」と言われたかと思います。

牛乳に含まれるカルシウムが身長に大きく関わっているからです。

 

また、体の中のカルシウムが不足した状態が続くと将来、骨粗しょう症の原因ともなるので注意が必要です。

 

カルシウムは摂りすぎず、一日あたりの必要な摂取量を守り正しく摂取することが骨を強くする一番の方法です。

 

その他にもホウレンソウなどの「マグネシウム」、「ビタミンD」納豆などの「亜鉛」、「ビタミンK」「リン」「アルギニン」「葉酸」「ビタミンC」レバーなどの「鉄分」、「銅」の摂取も身長を伸ばすにも必要不可欠になっています。

 

なかなか全部の食材を一気にとることは難しいと思います。

そんな時はサプリメントを野菜などの食材の代わりに摂ることによって必要な栄養を補充することができます。

 

食事の偏りには十分に気を付け、バランスを良く食べることが大切です。

 

 

睡眠不足のせい?

成長ホルモンの3分の2は睡眠中に分泌されており、一番分泌されるのが深い睡眠の時と言われています。

 

睡眠時間が短かったり、熟睡できない状態が続くと、成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

 

睡眠中は、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠とが交互にきます。

成長ホルモンはノンレム睡眠の時に多く分泌されます。

 

勉強など、人間関係などでストレスを溜めこんでしまうとホルモンバランスが崩れてしまい身長を伸ばすためのホルモンが出なくなってしまいます。

そんなストレスを解消してくれるのが十分な睡眠です。

 

睡眠には身長を伸ばすためのホルモンの分泌は身長を伸ばすことを妨害するストレスを解消する役割があります。

身長を伸ばす為には、十分な睡眠と睡眠環境を良いものにしていくことが大切です。

 

寝る子は育つと聞くように、成長ホルモンが出るのは夜22時から午前2時の間と言われています。

この時間の間には寝始め、一日7時間は睡眠をとるように心がけましょう。

 

ただ寝るのではなく、適度な運動をして、寝る2~3時間前は食事をとらない。

枕を自分に合ったものにするなど睡眠環境にも気を配ることも必要です。

 

実際に買ってレビューした結果を見るならこちら☟☟☟

シックスパッド

 

コメントを残す

サブコンテンツ

4545